食育モンスター

食育を学べるカードゲーム「食モン」を、
郡山市の子どもたちへ!
クラウドファンディング開始しました!

子どもたちが楽しみながら、食生活を改善する機会を作るために、この度は、まず3月中に行政や教育関係機関にもご協力いただき、郡山市内の500人の子どもたちへ「食モン」のカードセットを配るため、制作費用125万円をクラウドファンディングで募ります。それより多く集めることができれば、さらに多くの子どもたちへ配布できるため、一人でも多くの方々から応援していただき、食育の普及に努めたいと思っています。ご支援ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

食育モンスター(略称:食モン)とは?

食育モンスターは子どもたちが楽しく食べ物について学ぶことができるカードゲーム型無料教材です。
小学校5,6年生家庭科の授業の教材として、企業・自治体様のプロモーションツールとしてご活用頂けます。

実績

▼小学校における家庭科の授業内での活用実績

 

2017年9月13日に二本松市立新殿小学校の小学5年生の家庭科の授業で「食育モンスター」を活用した授業を行いました。単元の目標として以下のような項目を設定しました。

  • なぜ食べるのかを考え,日常生活の食事や使われている食品に関心を持ち,栄養バランスを考えた食事を大切にしようとする。
  • 五大栄養素を知り,食品に含まれる栄養素の体内での主な働きがわかる。
  • 五大栄養素の働きによる食品のグループ分けでわかる。
  • ご飯とみそ汁に関心を持ち,調理することができる。

授業の効果測定として、授業直後に受講児童に対してのアンケート調査を実施したところ、「今までで一番面白い授業だった」、「(全員が)また授業を受けたい」、「ゲームを通して学ぶことで楽しみながら学ぶことができる」、といったのようなコメントが寄せられました。 また、授業後5か月後に行ったアンケート調査の結果、受講した全児童の90%の食べ物に対する知識が増加したことに加え、50%の子どもたちが日々の食生活に「食べ物のバランスを気にするようになった」等の変化が生まれていた。つまり、食育モンスターを活用した授業は受講児童の半分に対して行動変容を促したと言えます。

▼小売店におけるイベントでの活用

 

2017年6月24日、25日の二日間でイオンタウン須賀川様が主催した食育イベントで「食育モンスター」を活用しました。本イベントはイオンタウン須賀川様が主催の下、福島県県中保健福祉事務所様と須賀川市教育委員会様の後援の下、開催しました。  イベント開催日の一週間ほど前に、食育モンスターカードとチラシ(裏面がすごろくマップ)を須賀川市内の全小学校へ全小学生6,000人分を須賀川市教育委員会様経由で配布しました。配布したカードは学校や自宅で子どもたちが遊び道具として使用したことに加え、授業でも活用されたと報告されています。  イベント当日には、イベント参加者にスペシャルレアカードを配布するという特典を準備したところ、イベント会場の開場前から大行列ができました。また、ポケモン等の市販カードをしまうカードバインダーに大切そうに食育モンスターカードをしまう子どもたちの姿も見受けられました。カードは最強の広告媒体と言えます。

小学校の先生方へ

イベント情報

2018年5月5日(土・祝)第53回郡山市こどもまつり内コーナー企画として食育モンスターを実施いたします

 チラシ(PDFデータをダウンロード)